卒業論文・修士論文

2017年度

修士論文

  • 加藤 豊大:開発者負担を軽減するlibevent拡張によるmTCP導入基盤の開発
  • 榑林 秀晃:ソースコードを用いないIntel MPX命令適用によるメモリ安全性向上手法
  • 竹内 俊輝:ユーザによるContent Security Policyを用いたXSS防御機構Mochaの提案

卒業論文

  • 青木 和也:モバイル端末における画面ロック中の物理メモリ保護手法
  • 稲吉 弘樹:間接的データフローに対応した動的テイント解析システムの実装
  • 西村 賢太:Intel SGXを使用するコンテナのライブマイグレーション手法の検討
  • 林 優香:通信ログとカーネル内状態の監視による異常通信検知手法の提案

2016年度

修士論文

  • 岩間 響子:ARM TrustZoneにおけるOS間障害検知機能の提案と実装
  • 佐藤 皓平:Android端末間におけるアプリケーション実行状態移送機構の実装と評価
  • 新美 渓介:プロセス耐障害性向上システムOrthrosにおけるコンテナマイグレーションによるサーバ保護手法
  • 松下 馨:プロセス耐障害性向上システムOrthrosにおける障害検知機構の実装

卒業論文

  • 岡野 圭史:AndroidにおけるActivity状態保管機構の調査と安全性検証
  • 小川 弘貴:機密データに対するトランザクショナルメモリを用いた計算手法の検討
  • 加藤 周良:添付ファイル閲覧時の安全性を向上するプロセス隔離機構の実装
  • 小松 昌平:遠隔計算機の安全性を検証するRemote Attestationの調査とIntel SGXによる実装の検討

2015年度

修士論文

  • 高瀬 拓歩:単一プロセス内におけるアプリケーションと拡張機能間の資源利用権限制御機構
  • 富松 将広:OS同時実行基盤OrthrosにおけるOS起動機構とフェイルオーバー機構の拡張

卒業論文

  • 加藤 豊大:暗号処理の並列化による匿名通信の高速化の検討
  • 久米 慧:CANにおける暗号鍵交換方式の検討
  • 榑林 秀晃:データ構造復元による侵入検知システムの精度向上
  • 堺井 大地:AndroidのActivityとServiceにおけるパーミッション制御手法
  • 竹内 俊輝:Webアプリケーションへのセキュリティ向上のためのCSP自動適用手法

2014年度

修士論文

  • 石川 幸希:多重OS構成におけるデータ構造差異の吸収によるライブアップデート手法
  • 小川 拡:マルチキューNICを用いた並列処理による IPsecの高速化手法
  • 小澤 駿:Copy on Writeを無効化した複数プロセスの動的アップデート手法
  • 野々山 正峰:近傍ノード協調型確認手法を適用したDHTにおける分散Neighborhood Authorityの実現
  • 日置 将太:Androidにおけるクラスに基づくパーミッション適用範囲細分化

卒業論文

  • 岩間 響子:組み込み機器向けLinuxにおける耐障害性の評価方法の検討
  • 植村 僚太:Web認証における分割分散管理によるパスワード管理手法の提案
  • 佐藤 皓平:Androidアプリケーションの端末間実行状態移送基盤の設計と実装
  • 新美 渓介: 多重OS実行基盤OrthrosにおけるDockerマイグレーション手法の提案
  • 松下 馨: 多重OS実行基盤 Orthrosにおけるマルチバージョン対応手法の提案と実装
  • TAN YOU JIE JET: 多重フロー通信によるVMマイグレーションの高速化手法

2013年度

修士論文

  • 稲葉 和希 : 異常な変数値変化を検出する命令レベル侵入検知・セルフヒーリングシステムの設計と開発
  • 吉田 健二 : Orthrosにおける障害時プロセス保護機構の拡張と評価

卒業論文

  • 高瀬 拓歩 : Androidにおけるクラス間メソッド呼び出しの制御方式の提案
  • 富松 将広 : Orthrosにおける障害再発生に備えたOS同時実行機構拡張方式の提案
  • 秦 誠一郎 : ユーザ認証の有無に応じたIPアドレス選択による追跡困難性向上方式の提案
  • 山本 一輝 : 目的特化型の低負荷なカーネルトレース方式の実装と評価

2012年度

修士論文

  • 猪飼 淳 : クラウド管理者による仮想計算機監視の検知とアクセス制御の実現
  • 中井 俊作 : 近隣ノード協調による安全かつ匿名なノード管理手法
  • 八田 望 : 中継ノードの結託を防止する匿名通信路修復方式
  • 安井 裕亮 : 割り込みを用いないユーザ関数カーネル内非同期実行機構の実現

卒業論文

  • 小澤 駿 : Software LPARを用いたマルウェアの動的解析システムの提案
  • 石川 幸希 : Virtrual Machine Introspection設定の自動構築機構の設計と実装
  • 川澄 昇弘 : 複数のISP連携による利用者IPアドレス追跡が困難な通信方式の提案
  • 竹下 修平 : DHTを用いた匿名通信システムにおけるクライアントノードの負荷軽減手法
  • 野々山 正峰 : DHTの近傍ノード協調型確認手法におけるNeighborhood Authorityの分散方式の提案
  • 日置 将太 : Androidにおけるパーミッション適用範囲細分化手法の設計と実装

2011年度

修士論文

  • 秋山 晋 : シングルサインオン環境下におけるユーザ間権限委譲方式
  • 加藤 雄大 : 多重OSにおける高速なフェイルオーバー機構の設計と実装
  • 酒井 衛 : 匿名通信における鍵複製を⾏わない通信路修復
  • 白井 宏憲 : 命令レベル動作規則による侵入検知・セルフヒーリングシステムの提案と開発

卒業論文

  • 稲葉 和希 : 動的解析と静的解析を組み合わせた異常検知型侵入検知システム
  • 廣瀬 宗則 : 多重暗号による匿名通信における携帯端末の負荷軽減手法
  • 吉田 健二 : 多重OSにおける障害発生時のプロセス移植機構の開発
  • 高柳 光一 : 分散ハッシュテーブルChordのNAT対応機構の設計と実装

2010年度

修士論文

  • 石黒 聖久 : 分散ハッシュテーブルChordにおける検索の冗長化による検索結果改ざんの検知手法
  • 田中 寛之 : IDベース暗号を利用したディレクトリサーバを用いない匿名通信方式
  • 古屋 雄介 : 自己READ/DELETEを行うマルウェアの検知手法における誤検知回避手法

卒業論文

  • 猪飼 淳 : 仮想マシンモニタとOSの協調によるセキュリティシステムの構築基盤の実現
  • 中井 俊作 : DHTを用いる匿名通信システムのための匿名検索方式
  • 八田 望 : 匿名によるサービス提供を実現する匿名通信路構築方式
  • 安井 裕亮 : 依存関係を有するシステムコール群の一括処理機構の提案と実現

2009年度

修士論文

卒業論文

2008年度

修士論文

卒業論文

2007年度

卒業論文